恋愛心理学 出会ってすぐ仲良し


出会ったばかりのこの人とすぐに仲良くなりたいなと思うことは、時々ありますね。
「それはとても私にはできないよ」と悩むシャイなあなた。知り合ったばかりの人と、すごく簡単に仲良くなれるテクニックがあるんですよ。

●類似性──似ている
まず、人と人が親しくなる場合について考えてみましょう。
あなたは「類似性」と「相補性」という言葉があるのをご存じでしょうか。簡単に言えば、「似ている」と「正反対」であるという意味です。人と人とが仲良くなるには、この2つの心理的な要素が働くといわれています。

想像してみてください。たとえばですが、あなたの好きな映画はホラーだとします。ある日、合コンで偶然出会った異性が、「えっ、あなたはホラー映画が好きなの? 実は自分もホラー映画が好きです」と言ったとします。
そうすると同じ好きな話題で話が合うので、自然と会話が進んで親しくなっていくはずです。これが、「類似性の法則」により生まれた関係です。出会った瞬間は初対面でお互いのことがあまり良くわからず、話題を探すのに困ってしまいます。
でも、相手との類似点を見つけることによって、強い親近感を瞬時に得ることができるのです。

●相補性──正反対
では逆に「相補性」とはどんなものでしょう。
先ほどの類似性とはまったく逆のパターンです。自分に足りない部分(性格など)を、相手がうまく補ってくれるということです。
さらに相手が持っていないものについて、自分が持っているという場合にも当てはまります。
たとえば結婚することを考えるにあたっては、とくに相補性が重要となってきます。お料理ができるか。家計を上手にサポートしてくれるか、などですね。
男性はあまり口にしませんが、これらを考慮した上で結婚を考えるのではないでしょうか。
ただしひとつ注意が必要です。初めから相補性ばかり見せていると、相手が引いてしまう可能性もあります。
大事なことは、相補性が有効なのは仲が良くなってからである、ということをしっかり覚えておいてください。

今回の要点は、出会いの段階においては「類似性」。関係が発展すると「相補性」が大切になってくるということですね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。